きらら西公園の一部がオープンしました♪

平成29年4月29日に西区に「きらら西公園」の遊具広場がオープンしました。

ゴールデンウィーク前にオープンし、ゴールデンウィーク期間中はお天気もよく、大勢の家族連れでにぎわっていました。

 

ふわふわドーム。大人気の遊具になりそう。

きらら西公園は冬期閉鎖です。

4月から10月、9時から17時まで。現在使用できる遊具(ふわふわドームとペダルゴーカート)は午後4時で終了です。

公園には管理会社の方がいます。

午後4時で終了した後のペダルゴーカート。運転の仕方はすぐに覚えられますよ。

ペダルゴーカートの注意事項。専用コース内だけの使用が可能です。

大人は使用できません(^^)

小さい子どもが喜びそうな遊具もあります。

花壇もあります。これから徐々に緑も増えていくと思います。

 

樹木もまだ植えたばかりですが、だんだん育っていって緑一杯になる予感。

平成30年の完成に向けてまだ工事中のところがほとんどです。しっかり柵がされていました。

現在供用中のエリア

平成29年4月にオープンした区域は約4.5ヘクタール。東京ドームが4.7ヘクタールなので、ほぼ同じぐらいの敷地面積ということになります。

平成30年の完成は23ヘクタールということなので、東京ドームの約5倍という広さ。今から楽しみですね♪

遠くに弥彦山や角田山も展望できて、新潟は広いなあ、ということが実感できます。

2017年5月5日現在、赤く囲われた部分で遊ぶことができます。

2017年7月末には現在の遊具広場に2つの大型遊具が登場予定。

「モノレール」⇒ターザンロープと言われているもの。直線式ではなく、スタート地点に戻る回転式の大きいものです。

「大型コンビネーション遊具」⇒すべり台や雲梯など、さまざまな遊具を組み合わせたもの。みなとランドにあるようなものです。

今回、オープンした遊具広場におく遊具は、新潟にあまりない遊具かつ他都市で人気がある遊具ということなので、7月のオープンが待ち遠しいです。

とにかく敷地面積が広く、ゆったりと遊べそうなきらら西公園。

 

私が行ったとき、ローラブレードやスケートボードで遊んでいる子どもがいっぱいいました。

市内の公園はいっぱいありますが、舗装した道路でスケートボードが楽しめるところって、あまりないですよね。

セグウェイなんかも楽しいかも!


 

【KINTONE (セグウェイ式)】

きらら西公園へのアクセス

場所は、分かりやすくいうと、新潟国際情報大学の近く、です。

私は曽和ICから、R116、田島交差点から行きました。途中「きらら西公園はこちら」という立て看板が何箇所かあるので、分かりやすいです。
 

所在地 〒950-2251 新潟県新潟市西区中権寺
公式サイト  きらら西公園建設計画概要のページ

問い合わせ先は「新潟市西区建設課」

アクセス・交通 新新バイパス 曽和インターチェンジから車で10分
利用時間 午前9時から午後5時(遊具の使用は午後4時まで)
駐車場 169台
見どころ・ポイント 遊具は2017年4月現在2種類だけど2017年7月末に大型遊具が2つ追加予定。全体の完成が平成30年の予定
周辺の遊び場 上堰潟公園はここから車で15分くらい。少し離れるけどアクアパーク新潟だいろの湯に寄って疲れを取るのもいいですね^^
地図

 

きらら西公園へ行くときの注意事項

近くにコンビニやお店はありませんので、買い出ししてから持参したほうがいいです。

園内には何箇所かシェルター(日陰施設)がありますが、土日で混み合うときは使えない可能性もあるので、ママたちは日焼け対策必須です。

スポンサーリンク


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。